• トップ /
  • 歯周病の特徴を知り歯科受診を

歯周病対策での特徴

歯周病の特徴を知り歯科受診を

歯科を受診して早めの歯周病対策

歯周病は歯茎が炎症を起こすなど、歯そのものではなく歯茎がトラブルを起こしている状態ですので、虫歯ではないからと歯科の受診をためらってしまうケースがあります。放置しているうちに歯周病の症状が進み、かなり悪化してからの受診では治療が長引いてしまったり、口の中ばかりか、全身に影響を及ぼす症状が出ることもあります。歯周病の原因や症状の特徴を多少なりとも把握しておいて、気になる症状が出た時は早めに歯科を受診することが大事となります。症状には段階があり、まず歯茎に付着した歯周病菌によって炎症が起きる歯肉炎を発症します。この菌は、ふだん上手に歯磨きをしていても、どうしても除去し切れないという特徴もあり、磨き残しがある場合そこに菌が溜まり炎症を招きがちとなります。歯磨きに自信がある人でも、歯科で定期的に検診を受けたりクリーニングをしてもらう必要があります。初期の歯肉炎を放置してしまうと、炎症がさらに進行して歯茎が下がってくることで歯と歯の間に隙間ができ、食べカスなどがさらに挟まりやすくなって菌の温床が増えてしまいます。口臭も出やすくなり、この状態をさらに放置してしまうと、最終段階の歯槽膿漏にまで発展しかねません。歯肉を押すと膿が出るのが歯槽膿漏の特徴で、歯がぐらついてくると歯槽骨という、骨が溶けて歯が抜け落ちる危険性が高まります。歯周病菌が発生させた炎症物質は、血流に乗って全身に運ばれ血管や心臓の弁などに悪影響を及ぼし、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクが高まると言われます。糖尿病を悪化させる原因とも指摘されていることから、口の中の症状だけと軽く考えず、思い当たる場合は早めの歯科受診が肝心です。

バックナンバー

歯科の基本情報

↑PAGE TOP